水道に付ける機種の選び方

浄水器

これから水道に浄水器を付けようと考えている人は、まず完璧にきれいな水に用途は考えないほうがいいでしょう。浄水器を付ける人の目的は当然きれいな水を飲みたいというものですが、水道水はすでに水道局によってきれいな状態になっています。しかし、高価なものをしばらくつけているとカートリッジが汚れてくるため、水道水はそれなりに汚れていると考える人が多いです。ここで注意しなければならない点として、浄水器は必ず汚れをろ過するカートリッジがついており、これがなければ水はきれいにならないという点にあります。安さを優先するとこういったカートリッジのない浄水器を見つけることができますが、これらには意味がないといえるので買うのはやめましょう。つまり購入するべき品物としては、最低限カートリッジはついているが、普段の洗い物などに支障が出ない範囲で水が出てくるものを選ぶべきです。あまりにもろ過がきついものを選ぶと水道の出が悪くなり、カートリッジの消費も多くなってしまうのであまりいいことはありません。そこまでろ過しなければならないものでもないので、それなりの値段のする機種を選び、普段の日常生活に支障が出ないものを選びましょう。浄水器の取り付けに専門業者の工事が必要なものは明らかに大げさなので、自分で取り付けられるものを選ぶとカートリッジの交換も楽です。非常に高性能な製水器などというものもありますが、これらは医療現場などで使うものなので意味もなく使うのはやめましょう。

水のろ過に関する設備投資

男性作業員

据え置き型の浄水器を使うと確かにきれいな水を飲むことができますが、設備として非常に手間とコストがかかってしまいます。そこまで水に気を遣うのであればミネラルウォーターを使ったほうがいいので、あまりにも大型の据え置き型を購入するのはお勧めしません。飲み水以外にもシャワーのヘッド部分に装着する浄水器もありますが、これらはカートリッジでろ過するのではなく内部に錠剤などを入れるものです。つまり入浴剤のシャワー版といえるものなので、単純にきれいなお湯を浴びることができるわけではないことは知っておきましょう。選ぶべき浄水器はカートリッジがあるもの、そして使用期間ごとの交換が簡単なものといえるのです。

カビや雑菌などに注意する

浄水器

浄水器はそのままカートリッジの交換などをしないまま使い続けると、カビや雑菌が繁殖して食中毒になることがあります。そうなってしまうと逆効果どころではない、大きな健康被害を出すことになるのでしっかりとカートリッジの交換と清掃を実施しましょう。適切にカートリッジを交換し、その都度簡単な分解清掃を行うことできれいに維持することができ、生活が快適なものとなります。こういった事情があるので、整備の難しい据え置き型やカートリッジのないものなどは避けるべきといえるのです。

広告募集中